SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

ブログアーカイブ

アクセスカウンター

合計:94414
今日:115
昨日:95
今週:909
先週:829
今月:5272
先月:6457

SEAT RECORDS の魅力

SEAT RECORDS とは日本流に言うなら「ソノシート」です。型に樹脂を流し込んで作る通常のレコードと異なり、柔らかいビニール素材に音溝の付いた金型を押し付けて作るため、安価に制作できるうえ軽く曲がりにも強いことから、雑誌の付録やメッセージカード等に利用されました。なお、「ソノシート」は後に朝日ソノプレス社(後の朝日ソノラマ)の商標となったため、「フォノシート」や「シートレコード」と言い換えられる場合もあります。そのため、普及期には発売するメーカーによって商品名が異なっていたりしましたが、現在ではソノシートという呼び名が一般的になっています。

  
昭和30年代〜50年代まで「ソノシート」には夢が詰まっていました。RICMANIA.COMではソノシートを1種の「文化遺産」として捉え、ジャンルや用途を区切らずに収集しデジタル動画(音源)として残すことで、時代の生き証人として後世まで語り継ごうと考えています。もし、ソノシートの廃棄を検討されている方がいらっしゃいましたら、どんなジャンル・状態のものでも当方で引き取り、整理・再生・収録して可能なものは公開しますので是非お譲りください。

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

今日のソノシート

【573】医人の声 No.11「わたしののぞみ」

題名:医人の声 No.11「わたしののぞみ」
話:東大名誉教授 緒方知三郎
発行:lederle(レダール)
備考:昭和38年11月16日録音
 

※レダール社はアメリカの製薬会社。元は農薬会社だったが様々な種類の工業用科学薬品や特殊化学薬品、外科用製品、プラスチック製品、顔料など多角化し、1970年代から1980年代にかけてアメリカの製造業トップ100に選出される企業であったが、1990年代半ば以降に繰り返し再編成され、ブランドや部門が売却又は分割され、現在大部分のセクションはファイザー製薬の所有となっている。
 
※緒方 知三郎(おがた ともざぶろう、1883年1月31日 - 1973年8月25日)は、日本の病理学者。東京生まれ。幕末の蘭学者・緒方洪庵の次男である緒方惟準の四男。東京帝国大学医科大学(現在の東京大学医学部)卒。ドイツに留学し、。1923年に東京帝国大学医学部教授となり、1943年に退官し、同大学名誉教授となる。同年東京医学専門学校校長に就任し、1946年には東京医科大学初代学長兼理事長になる。1957年文化勲章受章。唾液腺ホルモン「パロチン」(1990年製造中止)の開発者でもある。
 
コメント(0)
2021/01/27 00:00 投稿者:RICMANIA

【572】医人の声 No.8「病人食」

題名:医人の声 No.8「病人食」
話:北海道大学名誉教授 中川諭
発行:lederle(レダール)
備考:昭和37年8月13日札幌にて録音
 
※レダール社はアメリカの製薬会社。元は農薬会社だったが様々な種類の工業用科学薬品や特殊化学薬品、外科用製品、プラスチック製品、顔料など多角化し、1970年代から1980年代にかけてアメリカの製造業トップ100に選出される企業であったが、1990年代半ば以降に繰り返し再編成され、ブランドや部門が売却又は分割され、現在大部分のセクションはファイザー製薬の所有となっている。
 
※北海道大学には中川諭教授の胸像が設置されており台座に「中川諭先生明治二十四年福井県に生まる。大正五年東京帝国大学医科大学を卒業 青山胤通先生 稲田龍吉先生の教えを受け大正十年医学博士の学位を授与せらる 大正十ニ年十月北海道帝国大学教授に任ぜられ 第二内科教室を創設し昭和三十年三月退官せらる 此の間三十有二年の長きに亘り学究一筋の道を貫き殊に癌の診断に畢生の努力を傾注し医学に貢献する甚大にして育成せる門下生また三百余の多きに及び相共に先生の高恩を偲ぶ 此像に吾等の謝恩の微衷を〇めて永く先生の高徳を顕彰する。昭和三十七年九月十五日 第二内科同窓生一同」と刻まれている。
 
コメント(0)
2021/01/26 00:00 投稿者:RICMANIA

【571】角川書店 世界女流名詩集 12巻「ロセッティ ものいわぬ友」

題名:角川書店 世界女流名詩集 12巻「ロセッティ ものいわぬ友」

訳:深尾須磨子

朗読:赤木靖恵

発行:角川書店

備考:試聴品 昭和41年?

 

※赤木靖恵は詳細不明。同時代の朗読音源や外国映画の吹替声優として名前を見ることができる。

 

※深尾 須磨子(ふかお すまこ、1888年11月18日 - 1974年3月31日)は、日本の詩人、作家、翻訳家。戦前はベニート・ムッソリーニに心酔し、戦後は平和運動に活躍した。小説、児童文学など多彩な活動をしたが、戦争協力を非難され、左翼的文学者となった

 

※角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。

 

コメント(0)
2021/01/25 00:00 投稿者:RICMANIA

【570】角川書店 世界の詩集 10巻「ホイットマン詩集 開拓者よ!おお、開拓者よ!」

題名:角川書店 世界の詩集 10巻「ホイットマン詩集 開拓者よ!おお、開拓者よ!」
訳:長沼重隆
朗読:芥川比呂志
発行:角川書店
備考:試聴品 昭和41年?
 

※芥川 比呂志(あくたがわ ひろし、1920年3月30日 - 1981年10月28日)は、日本の俳優、演出家。東京府東京市滝野川区(現東京都北区)田端出身。作家・芥川龍之介の長男。舞台の他、ラジオドラマ・ナレーション・映画・テレビなどにも数多く出演。1966年にはNHK大河ドラマ『源義経』で源頼朝を演じた。俳優業の傍ら、演出家としての才能も発揮し、1974年演出で芸術選奨文部大臣賞、文化庁芸術祭優秀賞を受賞。若い頃からの持病である肺結核が悪化していて入退院を繰り返し、1981年、療養中だった目黒区内の自宅にて死去。享年61。
 
※長沼 重隆(ながぬま しげたか、明治23年(1890年)1月17日 - 昭和57年(1982年)9月6日)は、越後国西蒲原郡道上村(元中之口村、現在の新潟市西蒲区)出身の英文学者、翻訳家。県立新潟女子短期大学の創立時には英文学科教授として迎えられた。特にアメリカ合衆国の詩人ウォルト・ホイットマンの研究や翻訳で知られている。


※角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。

 

コメント(0)
2021/01/24 00:00 投稿者:RICMANIA

【569】角川書店 世界の詩集 3巻「ハイネ詩集 夜の客室にて」

題名:角川書店 世界の詩集 3巻「ハイネ詩集 夜の客室にて」
訳:井上正蔵
朗読:岸田今日子
発行:角川書店
備考:試聴品 昭和41年?
 
※岸田 今日子(きしだ きょうこ、1930年4月29日 - 2006年12月17日)は、日本の女優、声優、童話作家。血液型はA型。1950年に『キティ颱風』で初舞台。1953年に映画デビュー。1960年、三島由紀夫演出の『サロメ』で主役に抜擢されて以降、数多くの舞台で多くの大役、難役をこなす。 映画では1962年に毎日映画コンクール助演女優賞、1964年にブルーリボン助演女優賞を受賞して、実力派女優としての地位を確立した。娘に仕事を理解してもらう目的でアニメ『ムーミン』のムーミンの声を担当。世間の子供たちにその声が愛されることになった。独特の声と情感豊かな読みにより、ナレーターとしても他に得がたい存在として、ドキュメンタリーからバラエティまで幅広く起用されていた。2006年12月17日午後3時33分、脳腫瘍による呼吸不全のため東京都内の病院で死去。76歳没。
 
※井上 正蔵(いのうえ しょうぞう、1913年3月27日 - 1989年11月2日)は、東京出身のドイツ文学者。新日本文学会会員、マルクス主義の立場からドイツ文学にアプローチし、特にハインリヒ・ハイネや東ドイツ文学の研究・翻訳紹介で知られた。
 
※角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。
 
コメント(0)
2021/01/23 00:00 投稿者:RICMANIA

【568】O'LEARY humming lip

題名:かわいい小鳥のさえずり、甘いメロディ
   O'LEARY humming lip
収録:小鳥&ハミングリップ
   エルビラのテーマ
   サバの女王
   小鳥&ハミングリップ
番号:JASRAC E-0754
制作:JAPAN O'LEARY, INC.
 
※ピアス株式会社(Pias Corporation)は大阪府大阪市北区豊崎に本社を置く、化粧品の製造販売会社ならびにグループ企業である。1947年創業ならびに設立。 子会社を起こすという方式で「オリリー カバーマーク」などのブランドを立ち上げ、事業を広げてゆく。
 
※オリリー化粧品。歴史は1928年米国のリディア・オリリーによって皮膚変色をカバーして見えなくする化粧品が開発されたことから始まる。社会事業家、沢田美喜がリディア・オリリーが開発した顔のアザや手術痕などキズを自然に隠すメイク方法と化粧品「カバーマーク」を知り、ピアス化粧品の阪本社長に紹介し、ジャパンオリリーが設立された。
 
※『みじかくも美しく燃え』(みじかくもうつくしくもえ、Elvira Madigan)は、1967年のスウェーデンのドラマ映画。劇中ではハンガリーの名ピアニストであるゲザ・アンダによるモーツァルトの『ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467』と、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『四季』が使用されている。
 
※「サバの女王」または「シバの女王」は、1967年にチュニジア出身の男性歌手ミシェル・ローラン(フランス語版)が作詞・作曲し、フランスで発売されたシャンソンの楽曲。
 
コメント(0)
2021/01/22 00:00 投稿者:RICMANIA

【567】小学二年生5月号ふろく「どうよう」

題名:小学二年生5月号ふろく「どうよう」
収録:1.春の小川 2.月 3.かかし
制作:アテネレコード
備考:45回転、手回しレコードプレイヤーと組みの付録と思われる。
 
※小学館の学年別学習雑誌(しょうがくかんのがくねんべつがくしゅうざっし)は、日本の出版社・小学館が1922年(大正11年)に創刊した、幼稚園児および小学生を対象にする学年別の総合雑誌。1922年(大正11年)に『小學五年生』と『小學六年生』が創刊し、翌1924年(大正13年)に『小學四年生』、1925年(大正14年)に『セウガク一年生』『セウガク二年生』『せうがく三年生』が創刊した。現在は『小学一年生』と1982年(昭和57年)に創刊した季刊(2006年度までは月刊)の『学習幼稚園』と増刊扱いの『入学準備 小学一年生』の3誌が刊行されており、一般に「学年誌」と言えばこれらの雑誌を指す。2010年までにほとんどが廃刊。現在は小学一年生のみ発行。
 
※回転数が45回転であることから音は比較的良い(反面収録時間が短い)。盤面につまみを入れる穴が有ることから、紙製の蓄音機がとじ込み付録についており、その付属品だった事が判る。ここにアルミの細いつまみを入れて、自分の手で時計回りに回して聞いた。昭和50年代までは家庭にレコードプレイヤーの無いところも多かったので、結構喜ばれていたのではないだろうか。
 
コメント(0)
2021/01/21 00:00 投稿者:RICMANIA

【566】中1愛読者サービス COURSE MUSIC RECORD

題名:中1愛読者サービス COURSE MUSIC RECORD
収録:A面 愛のロマンス(禁じられた遊び)/チムチムチェリー
   B面 コーネルボギー/錨を上げて
製作:学研販売企画課
備考:JASRAC No.1934
発行:学習研究社

※株式会社学研ホールディングス(がっけんホールディングス)は、学習塾などの教育サービス、出版物の発行や保育用品などの製作販売、サービス付高齢者向け住宅や認知症グループホームなどの介護施設・子育て支援施設の運営等の事業を統括する日本の持株会社である。2009年(平成21年)10月1日に学習研究社(がくしゅうけんきゅうしゃ)より組織改編・社名変更を実施した。
 
※中学コースシリーズ(教育雑誌)は1999年に廃刊 。
 
※「愛のロマンス」(あいのロマンス)は、ギターの楽曲。1952年のフランス映画『禁じられた遊び』の主題曲としてギタリストのナルシソ・イエペスが編曲・演奏したことで世界的に知られるようになった。
 
※「チム・チム・チェリー」(英語: Chim Chim Cher-ee)は、1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の劇中で歌われる楽曲の1つである。
 
※「ボギー大佐(カーネル・ボギー)」は、ケネス・ジョゼフ・アルフォードが1914年に作曲した行進曲である。映画『戦場にかける橋』のテーマ音楽としてマルコム・アーノルドによって編作曲され、『クワイ河マーチ』(歌:ミッチ・ミラーとその合唱団)として世界的に知られるようになった。
 
※『錨を上げて』は、1906年にアメリカ海軍の中尉であったチャールズ・ツィマーマンによって作曲された軍歌、行進曲。この曲を元に、4日間の休暇を与えられハリウッドにやって来た水兵の恋物語を描いたミュージカル映画が作られ1945年アカデミー作曲賞を受賞。
 
コメント(0)
2021/01/20 00:00 投稿者:RICMANIA

【565】1966年のヒットパレード

題名:1966年のヒットパレード
収録:1.朝日のない街
   2.ディジィ・ミス・リジイ
   3.若さをつかもう
   4.イエスタデイ
   5.夜空のトランペット
   6.星空の彼方に
   7.涙くんさよなら
   8.恋のアドバイス
   9.夜霧のしのび逢い
  10.夢見るシャンソン人形
  11.ヘルプ
  12.木の葉の子守唄
演奏:ハニー・ナイツ、熊木忠とポップ・キッカーズ、秋野マリ
発行:現代芸術社
番号:BY5-14
価格:480円
 
※各曲の詳細は省略。曲順と表記はジャケットの通り。実際のソノシートの演奏曲順とは違っている。
 
※ビートルズのコピーをはじめ、ポップ・キッカーズの演奏は何故かドラムが全てベンチャーズの「ドンタタドンタ」のリズムで叩いてしまっており、ギターもコードなどを完全に把握しておらず、つい笑ってしまう程稚拙な出来。当時は譜面等が無かった事を鑑みても酷いレベルかも。が、それがバッタ物の醍醐味。ただハニー・ナイツのコーラスはすごい。
 
※現代芸術社(げんだいげいじゅつしゃ)は、現代芸術協会において月刊誌『テレビドラマ』の初代編集長を務めた長嶋武彦らが1960年10月に設立したフォノシート出版社で「SONO-JOURNAL」を発行した。1961年から1967年まで通号数300を超えており、そのラインナップは子供向けから民謡まで、比較的落ち着いたタイトルで占められている。規模拡張に伴い編集部を、4月に新宿区角筈から四谷へ、さらに年末には永田町へ移した。後年は直木賞作家全集 、芥川賞作品全集なども刊行した。ソノシートが2005年(平成17年)に国内生産を終了し、ジャーナルも廃刊に。
 
※ハニー・ナイツは、日本の男性コーラス・グループである。1958年結成。当時のリーダーは野村忠久。その後葵まさひこに交代。1974年に解散。解散後もレコーディングのために再結成されたことがある。東芝音楽工業、テイチク、日本ビクターなどからレコードを出した。解散までに吹き込んだCMソングやアニメソングの総数は5000曲に達する。
 
※熊木忠とポップ・キッカーズは昭和38年に結成。熊木忠 Piano, 鳴海誠 Lead Guitar, 望月康平 Guitar, 萩原利夫 Tenor Sax, 小林茂夫 Bass, 今本憲二郎 Drums。クラブやキャバレーでの演奏の他、当時の各種のレコーディングに参加している。
 
※秋野マリは詳細判らず。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
コメント(0)
2021/01/19 00:00 投稿者:RICMANIA

【564】ヤマハ音楽教室「おんがくのおともだち」

題名:ヤマハ音楽教室「おんがくのおともだち」
収録:1.インディアンのたいこ
   2.やまのおんがくか
   3.ヤマハ音楽教室のうた
制作:日本楽器製造株式会社
備考:非売品、販促品
 
※ヤマハ株式会社(英: Yamaha Corporation)は、静岡県浜松市に本社を置く、楽器や半導体、音響機器(オーディオ・ビジュアル)、スポーツ用品、自動車部品、ネットワーク機器の製造発売を手がける日本のメーカー。100種類以上もの楽器を生産する世界最大の総合楽器メーカーである。
 
※一般財団法人ヤマハ音楽振興会は、1954年に設立母体の日本楽器製造(ヤマハ)がヤマハ銀座ビル内でオルガンを対象に開講した「音楽教室」の開設が前身であり(1959年に「ヤマハ音楽教室」となる)。「ヤマハ音楽教育システム」「ヤマハグレード」を企画し、日本各地の「ヤマハ音楽教室」(ヤマハおんがくきょうしつ)を通じてピアノ・エレクトーンを中心とした楽器演奏者の拡大に努めている。
 

 
 

 
コメント(0)
2021/01/18 00:00 投稿者:RICMANIA
RSS2.0