SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

今日のソノシート

慶應義塾歌

題名:慶応義塾歌
収録:塾歌
製作:ワグネルソサイエティ男声合唱団
   慶應義塾生活協同組合
備考:33 1/3回転
 
※塾歌:富田正文の作詞、信時潔の作曲により、1940(昭和15)年11月に完成したこの塾歌は、翌1941(昭和16)年1月10日の福澤先生誕生記念会当夜、三田の大講堂で発表されました。それ以来、式典などのたびに歌われています。
 
※慶應義塾の校旗(通称「塾旗」)は三色旗と呼ばれている。
 
コメント(0)
2019/01/15 21:04 投稿者:RICMANIA

慶応義塾大学 塾歌応援歌シリーズ

題名:慶応義塾大学 塾歌応援歌シリーズ
収録:1.塾歌
   2.丘の上
   3.若き血・三色旗
製作:ワグネルソサイエティ男声合唱団
   慶應義塾生活協同組合
備考:45回転
 
※塾歌:富田正文の作詞、信時潔の作曲により、1940(昭和15)年11月に完成したこの塾歌は、翌1941(昭和16)年1月10日の福澤先生誕生記念会当夜、三田の大講堂で発表されました。それ以来、式典などのたびに歌われています。
 
※「若き血」は1927(昭和2)年に、当時の予科会の学生たちが自らの意思で発議し、義塾出身の音楽評論家野村光一に相談した結果、野村の推薦で堀内敬三に作詞作曲を委嘱したものです。従来の七五調や五七調を無視し、5・5・6・3の破調の字配りとなった新鮮な感覚のこの歌は、慶應義塾の代表的なカレッジソングとして歌い継がれています。
 
※慶應義塾の校旗(通称「塾旗」)は三色旗と呼ばれている。
 
変形のピクチャーレコードでサイズが大きいため、針を正確に落とすのが難しい。
 
コメント(0)
2019/01/09 23:53 投稿者:RICMANIA

”ミスター・ジャイアンツ”長嶋茂雄 -劇的な引退記念あいさつ-

題名:”ミスター・ジャイアンツ”長嶋茂雄 -劇的な引退記念あいさつ-
制作:東京読売巨人軍友の会

 

※長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。血液型はB型。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続け、多くの野球ファンを熱狂させた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献した。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。日本のプロ野球において400本塁打・2000安打の同時達成は大卒では史上初である。

 

※1974年10月12日、中日の優勝が決まり巨人のV10が消えた日、長嶋は現役引退を表明。引退セレモニーのスピーチでは「我が巨人軍は永久に不滅です!」という有名な言葉を残した。同年11月21日、選手時代につけていた背番号3は読売ジャイアンツの永久欠番と認定された。

 

コメント(0)
2019/01/05 15:09 投稿者:RICMANIA

フォノシート ゴールデングローブ賞に咲く 高田 繁

題名:フォノシート ゴールデングローブ賞に咲く 高田 繁
内容:高田繁インタビュー
制作:読売巨人軍
 
※高田 繁(たかだ しげる、1945年7月24日 - )は大阪府大阪市住吉区(現・住之江区)出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)、元プロ野球監督。横浜DeNAベイスターズのゼネラルマネージャーを経て、現在はディー・エヌ・エーのフェロー。
 
※1967年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。背番号は「8」。1968年、1年目から左翼手のレギュラーに定着し、打率3割・20盗塁を記録して新人王を獲得する。1975年オフ、日本ハムファイターズから張本勲の移籍で張本が左翼手を希望したため、監督の長嶋茂雄に三塁手にコンバート通告される。
 
※ダイヤモンドグラブ賞の外野手・内野手両方での受賞経験は史上初。その後、中畑清の台頭や長嶋の監督解任に伴い、1980年に自身初のリーグ最多犠打を記録したが、当人は守備の衰えを感じた理由から35歳の若さで現役引退をした。
 
※昔の記憶では高田といえば「青グラブと青手袋」。このフォノシートの画像でもそれがはっきりわかる。
 

 
 

 
コメント(0)
2019/01/04 00:51 投稿者:RICMANIA

フォノシート 頑張れ!20勝!! 小林 繁

題名:フォノシート 頑張れ!20勝!! 小林 繁
内容:小林繁インタビュー
制作:東京読売巨人軍

 

※小林 繁(こばやし しげる、1952年11月14日 - 2010年1月17日)は、鳥取県東伯郡赤碕町(現:琴浦町)出身のプロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。「江川事件」の渦中に巻き込まれ、1979年読売ジャイアンツから阪神タイガースへトレード移籍。「悲劇のヒーロー」として人気を得た。

 

※1976年、張本勲、加藤初らをトレードで獲得するなど戦力補強を行った巨人は、2年ぶりのセ・リーグ優勝を果たし、小林は18勝、防御率2.99(いずれもリーグ2位)の成績を挙げ胴上げ投手となるなど活躍した。阪急ブレーブスとの日本シリーズでは全7試合中6試合に登板、2勝1敗1セーブを記録する。1977年もリーグ優勝を果たし、小林は前年と同じく18勝(防御率2.92)を挙げた。最多勝、最優秀防御率のタイトルは獲得できなかったものの沢村賞を受賞し、ベストナインに選出された。

 

※このフォノシートは小林繁が巨人の押しも押されもしないエースだった1977に制作されたもののようだ。

 


 

 


 

コメント(0)
2019/01/03 20:15 投稿者:RICMANIA
RSS2.0