MY GUITARS

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2018/04/10 01:22 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:25 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:05 投稿者:RICMANIA
2018/02/23 01:43 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:46 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:38 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:11 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 21:27 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2018年04月(1)2018年02月(10)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

このページについて

管理人が所有又は所有していた楽器について、あくまで個人的な感想や思い出を述べていきます。沢山ご紹介しますが、それは40年近い楽器人生の中で入れ替わりがあったという事だけで全てをコレクションしているわけではありません。ギターやベースが好きな方々の参考になればと思います。売買目的やステマではありません。
 

  

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

MY GUITARS

Burny SG-3 Type Bass

Fernandes/BurnyのSG-3タイプベース。クリームのコピーバンド「Craim(クレーム)」を組んでいた時に購入するも、実戦では結局使わなかったベース。

本家同様ショートスケールのセットネックだが、リアが見かけだけミニハンバッキングで中身はシングルコイルだった。しかもピックアップケースはメッキしたプラスチックだったので、結構衝撃を受けた。音はある意味本家に忠実と言うか、それにしか使えない感じ。今ひとつしっくり来なくて手放してしまった。
 

 


 

コメント(0)
2018/04/10 01:22 投稿者:RICMANIA

Aria Pro II Precise Bass

アリアのプレシジョンタイプのベース。THE WHOのコピーのために変形ベースの素材として日本製のコピーモデルを買い漁っていた事があり、その際に手に入れた。マツモクが作っていたらしく、作りは良かった。ゴールドパーツなのでシリーズの中では上位機種だったのかも知れない。

 

但し、本家に比べてネックのRが違うのと、ネックの握りの感じも少し丸いというか太いというか、見かけは似ているけれどもプレシジョンとは違う楽器だなというのが正直な感想。また音色も軽く、プレシジョンに期待するブリブリした低音ともまた違った。

 

今思えばわざとそういう風に味付けしてあったのだと思うが、'76年の本物と弾き比べるといろいろと不満が残り、結局ネックフィールがダメという事で手放した。

 

 

 


 

 

コメント(0)
2018/02/27 23:25 投稿者:RICMANIA

Ibanez Destroyer II Bass

前回紹介したギターに続き、WHOのコピーバンドをしている際に変形ベースを集めていた事があり、その一環で入手。残念ながら画像が見つからない。真っ赤なボディにゴールドパーツでボリュームノブ等はAR-550と共通するゴムの滑り止めがついている豪華なもの。

 

手に入れて最初に驚いたのは、ネックのスケールがショートだった事。ボディの異様な大きさに比べて太く丸く短いネック・・・。太さに関してはギブソンのEB-1レベル。音はハイゲインなハンバッキングピックアップが二発なので図太い。基本的にピック弾きを前提に設計されているらしく、弦高があまり下がらない設計でもあった。なお見かけのまま重い。

 

ネックが太いのはギターも共通なので、この機種の特色と思う。この時代のIbanezの他機種は細く薄いネックだったので、この機種をエンドースしていたポリスやデフ・レパード等の要請だったのかも知れない。いずれにしても、相性が悪くすぐに手放してしまった。

 

オークションサイトから拝借

 

某販売店のページから拝借


 

コメント(0)
2018/02/27 23:05 投稿者:RICMANIA

Bill's Brother's Telecaster Model

ビルローレンスのセカンドブランドであるビルズブラザースのテレキャスタータイプ。つくば市竹園にあったハードオフでジャンク品を格安で購入(千円単位だったと思う)。ピックガードが欠品していたので、ヤフオクで手に入れたブラス製のピックガード(7000円位した⇒ギターより高いかも)を装着したところ、ノイズが大幅に軽減された。

 

モーリスが作っている事もあってセカンドブランドとは言っても作りは良かった。音も良かった。ネックが薄くて細くて超弾きやすかった。ブリッジが現在の奏法やオクターブ調整に対応できるタイプだったのも良かった。経営していた会社が傾いたときの資金繰りで手放してしまったが、今もテレキャスタータイプは1本は欲しい(できればネックが細いもの)。

 

最近ビルローレンスもジャパンビンテージの仲間入りをしてしまって、だんだん高くなっているので、もはやリサイクルショップのジャンクコーナーで見つけることはできないだろうなぁ。

 

 

 

 

 

コメント(0)
2018/02/23 01:43 投稿者:RICMANIA

Ibanez Destroyer II DT-50FR

下館のハードオフの中古コーナーに安価で展示されているのを発見し、衝動買い。コレは、あのヴァン・ヘイレンが持っているあのモデルじゃないカー、と。しかし、自宅でソフトケースから出して弾いてみると、まずその太いネックとボディの取り回しの悪さに閉口し、自分にメタリックレッドが似合わない事の再認識もあって、すぐにオークション雑誌(当時はまだヤフオクは無かった)で売却してしまった。今持っていれば一財産。当時の画像が見つからない。

 


 

コメント(0)
2018/02/17 22:46 投稿者:RICMANIA
RSS2.0