SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

ブログアーカイブ

SEAT RECORDS の魅力

SEAT RECORDS とは日本流に言うなら「ソノシート」です。型に樹脂を流し込んで作る通常のレコードと異なり、柔らかいビニール素材に音溝の付いた金型を押し付けて作るため、安価に制作できるうえ軽く曲がりにも強いことから、雑誌の付録やメッセージカード等に利用されました。なお、「ソノシート」は後に朝日ソノプレス社(後の朝日ソノラマ)の商標となったため、「フォノシート」や「シートレコード」と言い換えられる場合もあります。そのため、普及期には発売するメーカーによって商品名が異なっていたりしましたが、現在ではソノシートという呼び名が一般的になっています。

  
昭和30年代〜50年代まで「ソノシート」には夢が詰まっていました。RICMANIA.COMではソノシートを1種の「文化遺産」として捉え、ジャンルや用途を区切らずに収集しデジタル動画(音源)として残すことで、時代の生き証人として後世まで語り継ごうと考えています。もし、ソノシートの廃棄を検討されている方がいらっしゃいましたら、どんなジャンル・状態のものでも当方で引き取り、整理・再生・収録して可能なものは公開しますので是非お譲りください。

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

今日のソノシート

SONORAMA 仮面ライダー

題名:SONORAMA 仮面ライダー
A面:うた「レッツゴーライダーキック」作詞:石森章太郎 作曲:菊池俊輔
   うた「仮面ライダー」作詞:八手三郎 作曲:菊池俊輔
B面:ドラマ「二大怪獣出現す」脚色:伊上勝 制作:映広音響
発行:朝日ソノラマ
番号:AM-4
 
※株式会社朝日ソノラマ(あさひソノラマ)は、かつて存在した日本の出版社である。「ソノラマ」とはラテン語で「音」をあらわすsonusとギリシャ語で「見もの」の意味のhoramaを合わせた造語である。かつて発売していた「ソノシート」の商標権を取得していた。
 
※石ノ森 章太郎(いしのもり しょうたろう、1938年〈昭和13年〉1月25日 - 1998年〈平成10年〉1月28日)は、日本の漫画家、特撮作品原作者。本名は小野寺 章太郎(おのでら しょうたろう)。SF漫画、ギャグ漫画から学習漫画まで幅広い分野で作品を量産し、「漫画の王様」、「漫画の帝王」と評された。(神様手塚と対応してもいる)代表作は『サイボーグ009』、『佐武と市捕物控』、『009ノ1』、『さるとびエッちゃん』、『人造人間キカイダー』、『マンガ日本経済入門』、『HOTEL』など。仮面ライダーシリーズを始め、特撮作品の原作者としても活躍した。昭和30年代から40年代、漫画の世界で新しい手法の開発者としてとくに目立った存在であり、多様な分野と作風の中でも特にSF漫画で他への影響が手塚治虫と並んで大きく、いわゆる手塚風漫画の中で最もスタイリッシュな作風で、各時点での新鮮な画面コマ表現と少女漫画にも通用する滑らかな線をもち、昭和40年代始め頃には漫画の王様と呼ばれていた。この時期の作風は、SF (S&F) 性・詩的叙情・アクションを含むことが多かった。それらの要素は1971年に放送開始された『仮面ライダー』以降、徐々に特撮作品へと移っていき、執筆する漫画の傾向は青年漫画や学習漫画など幅広いものとなっていった。
 
※『仮面ライダー』(かめんライダー)は、1971年(昭和46年)4月3日から1973年(昭和48年)2月10日まで、NETテレビ系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全98話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
 
コメント(0)
2019/12/04 00:53 投稿者:RICMANIA

ELM オール怪獣大画報

題名:ELM オール怪獣大画報
収録:うた★ウルトラマンの歌
   おはなし★シーボーズ対ゴモラ
発売:株式会社エルム
番号:ELM-84
 
※ミュージック・グラフが昭和42年11月に倒産。倒産から2カ月後の昭和43年1月、債権者たちによって(株)ミュージック・グラフ新社が設立。その年の10月、商号を(株)エルムに変更。商号変更は「ミュージック」の名が出版物の内容にそぐわないと感じたこと、心機一転を期したことが理由。その後エルムは昭和51年倒産。
 
※『ウルトラマン』は、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。後続作品のヒーローと区別するために本作のウルトラマンを「初代ウルトラマン」と呼ぶ場合がある。制作はTBSと円谷プロダクション。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。
 
※「オール怪獣大画報」は昭和45年(1970)に初版が発行されたようだ。この商品は絵本部分が欠品している。
 
コメント(0)
2019/12/03 01:05 投稿者:RICMANIA

サン企画 仮面ライダーえかきうた絵本

題名:サン企画 仮面ライダーえかきうた絵本
A面:絵かきうた「仮面ライダー」歌:子門真人
   絵かきうた「サイクロン」歌:子門真人
   絵かきうた「サラセニアン」歌:子門真人
   絵かきうた「こぶら男」歌:朝戸鉄也
B面:絵かきうた「こうもり男」歌:栗葉子
   絵かきうた「さそり男」歌:白川澄子
   絵かきうた「くも男」歌:朝戸鉄也
   絵かきうた「バラおんな」歌:子門真人
作詞:石森プロ
作曲:玉野良雄
番号:SB-10
 
※松文館(しょうぶんかん)は、日本の出版社。1968年、サン企画として設立。1978年にオハヨー出版への改名を経て、現社名に変更。サンえかきうたテレビえほんは、 1970年代に発売されたテレビキャラクターを題材とした絵本シリーズ。絵描き歌を収録したフォノシートが付属しているのが特徴である。
 
※『仮面ライダー』(かめんライダー)は、1971年(昭和46年)4月3日から1973年(昭和48年)2月10日まで、NETテレビ系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全98話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
 
※子門 真人(しもん まさと、1944年1月4日- )は、日本の元歌手、元音楽プロデューサー。東京都目黒区出身。血液型はA型。玉川大学文学部英米文学科卒業。本名は藤川 正治、旧芸名・別名義は藤 浩一、谷 あきら、など多数。
 
※朝戸 鉄也(あさど てつや、1935年7月25日 - 2018年11月15日)は、日本の俳優、声優。テアトル・エコー所属。本名および旧芸名:朝戸 正明。由美川 淳一、南美野 勇の芸名でも活動した。舞台・吹き替え・テレビアニメ・特撮など、多岐にわたる多数の作品に出演している。1957年にラジオ東京(現・TBSラジオ)で放送されたラジオドラマ『赤胴鈴之助』(由美川淳一名義)では子役時代の吉永小百合や藤田弓子と共演した。
 
※栗 葉子(くり ようこ、1938年9月21日 - )は、日本の女優、声優。東京都出身。劇団河所属(劇団三十人会 河ともいう)。本名・旧芸名は村田 豊子(むらた とよこ)。主に1970年代を中心に活躍し、幼女から成人女性、少年役までこなした。代表作は『ど根性ガエル』の吉沢京子役、『みなしごハッチ』のハッチ役、『小さなバイキングビッケ』のビッケ役など。
 
コメント(0)
2019/12/02 01:38 投稿者:RICMANIA

ウルトラマン 続うたう怪獣写真カード

題名:ウルトラマン 続うたう怪獣写真カード

収録:ウルトラマンの歌、進めウルトラマン

   歌:みすず児童合唱団、コーロ・ステルラ

著作:円谷特技プロダクション

発行:コダマプレス

 

※株式会社有斐閣(ゆうひかく、英: Yuhikaku Publishing Co., Ltd.)は、日本の人文社会系の学術書を中心とした出版社。1959年、有斐閣内でフォノシートを刊行する「コダマプレス」創刊。だが、コダマプレスは業績不振で1961年に有斐閣から独立。1967年5月倒産。

 

※「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」日本の特撮テレビ番組(カラー)。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。

 

※「ウルトラマンの歌」作詞:東京一 / 作曲・編曲:宮内國郎 / 歌:みすず児童合唱団、コーロ・ステルラ。主題歌の売上はミリオンセラーを記録した。なお、作中では3種類の音源が使われている。

 

※「進め! ウルトラマン」作詞:東京一 / 作曲・編曲:宮内國郎 / 歌:みすず児童合唱団、コーロ・ステルラ。主題歌の候補としては長調、短調の2曲が作られた。長調の曲が主題歌として採用され、短調の曲が挿入歌「進め! ウルトラマン」となった。

 

※うたう怪獣写真カードのシリーズはTV放映に発行されていたようなので、1966〜1967に発行されたと思われる。

 

コメント(0)
2019/11/30 21:40 投稿者:RICMANIA

1年の学習読み物特集号「うしかたとやまんば」

題名:聞く力、話す力をのばす お話ソノシート

   1年の学習読み物特集号

収録:お話「うしかたとやまんば」

   文:松谷みよ子 語り:七尾伶子 発行:学習研究社 番号:G-12-111-14

 

※株式会社学研ホールディングス(がっけんホールディングス)は、学習塾などの教育サービス、出版物の発行や保育用品などの製作販売、サービス付高齢者向け住宅や認知症グループホームなどの介護施設・子育て支援施設の運営等の事業を統括する日本の持株会社である。2009年(平成21年)10月1日に学習研究社(がくしゅうけんきゅうしゃ)より組織改編・社名変更を実施した。

 

※科学・学習(かがく・がくしゅう)は、かつて学研教育出版(学研グループ)から刊行されていた小学生向け学習雑誌の総称。一般に「科学と学習」もしくは「学習と科学」と称される。雑誌の名称としては「科学と学習」というものは存在せず、実際の名称は『○年の科学』と『○年の学習』とし、それぞれ1年〜6年の各学年向けに発行されていた。また、教材付録がついており、学習・実験などが行える様になっていた。学習の中高生版として中一コース~高三コース(高三コースはのちに大学受験Vコースに改題)も存在した。

 

※松谷 みよ子(まつたに みよこ、本名:松谷 美代子、1926年2月15日 - 2015年2月28日)は、日本の児童文学作家。 (http://matsutani-miyoko.net/)

 

※七尾 伶子(ななお れいこ、本名:臼井 伶子(うすい れいこ)、1925年1月12日 - 2006年7月2日)は、日本の女優、声優。東京都出身。父は大正期の劇作家水木京太。母豊子は浅利慶太の父浅利鶴雄の妹。夫は俳優の臼井正明。「赤ひげ」、「夢」などの黒澤明監督作品に出演するなど映画、テレビ、舞台などで幅広く活躍。1976年からは劇団文学座に在籍していた。

 

コメント(0)
2019/11/29 16:15 投稿者:RICMANIA
RSS2.0