SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

ブログアーカイブ

アクセスカウンター

合計:250969
今日:26
昨日:45
今週:71
先週:1705
今月:208
先月:2987

SEAT RECORDS の魅力

SEAT RECORDS とは日本流に言うなら「ソノシート」です。型に樹脂を流し込んで作る通常のレコードと異なり、柔らかいビニール素材に音溝の付いた金型を押し付けて作るため、安価に制作できるうえ軽く曲がりにも強いことから、雑誌の付録やメッセージカード等に利用されました。なお、「ソノシート」は後に朝日ソノプレス社(後の朝日ソノラマ)の商標となったため、「フォノシート」や「シートレコード」と言い換えられる場合もあります。そのため、普及期には発売するメーカーによって商品名が異なっていたりしましたが、現在ではソノシートという呼び名が一般的になっています。

  
昭和30年代〜50年代まで「ソノシート」には夢が詰まっていました。RICMANIA.COMではソノシートを1種の「文化遺産」として捉え、ジャンルや用途を区切らずに収集しデジタル動画(音源)として残すことで、時代の生き証人として後世まで語り継ごうと考えています。もし、ソノシートの廃棄を検討されている方がいらっしゃいましたら、どんなジャンル・状態のものでも当方で引き取り、整理・再生・収録して可能なものは公開しますので是非お譲りください。

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

今日のソノシート

【1040】ビクターミュージックブック 三田明「若い港」①

題名:ビクターミュージックブック 三田明「若い港」① 

収録:1.若い港(作詞:宮川哲夫、作曲:吉田正)

   2.初恋の夢(作詞:宮川哲夫、作曲:吉田正) 

番号:MBK-115 

制作:日本ビクター株式会社 

発行:ビクター出版株式会社 

定価:280円 

 

※三田 明(みた あきら、1947年6月14日 - )は、日本の演歌歌手、俳優。東京都出身。本名・辻川 潮(つじかわ うしお)。太陽企画所属。1962年、日本テレビ系のオーディション番組「味の素ホイホイ・ミュージック・スクール」で作曲家・吉田正に認められ、芸能界入り。翌1963年に「美しい十代」で日本ビクターから歌手デビューするとともに、さらに翌1964年には同名の映画で映画初主演。清純な風貌と美声で1960年代を中心にヒットを飛ばした。また「長七郎江戸日記」など時代劇を中心に俳優としても活動している。 

 

※吉田 正(よしだ ただし、1921年1月20日 - 1998年6月10日)は、茨城県日立市出身の国民歌謡作曲家。死後の1998年7月に国民栄誉賞受賞。生涯作曲数は2400曲を超える。都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、ムード歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広く手掛けた。戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人である。 

 

※宮川 哲夫(みやがわ てつお、1922年2月7日 - 1974年9月30日)は、昭和期の歌謡曲作詞家。享年52。宮川が生涯に手がけた歌謡曲の作詞総数は850曲にのぼる。

 

コメント(0)
2023/10/01 00:00 投稿者:RICMANIA

【1039】APOLLO 11 人類初めて月を歩く Side:B

題名:APOLLO 11 人類初めて月を歩く Side:B 

収録:月面報告、銘板の朗読、ニクソン大統領の電話、返礼の言葉、離陸、帰還 

制作:VOA放送、朝日ソノラマ 

発行:三洋電機株式会社 

備考:非売品 

 

※アポロ11号(アポロ11ごう、英: Apollo 11)は、史上初めて人類による月面着陸に成功したアポロ宇宙船、およびそのミッションの名称である。アポロ11号は2人の人間を世界で最初に月に着陸させた宇宙飛行であった。ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦士の2名のアメリカ人が、1969年7月20日20時17分(UTC=協定世界時)にアポロ月着陸船「イーグル」号を月に着陸させた。 

 

※ボイス・オブ・アメリカ(英語: Voice of America, 略称:VOA)は、アメリカ合衆国政府が運営する国営放送。40を超える言語でニュースを提供している。日本語での呼称は「アメリカの声」である。 

 

※三洋電機株式会社(さんようでんき、英: SANYO Electric Co., Ltd.)は、パナソニックホールディングスの子会社である日本の電機メーカー。本社は大阪府大阪市中央区、登記上の本店は大阪府門真市門真のパナソニック本社敷地内に所在。パナソニック傘下に入る以前には、創業から68年にわたり大阪府守口市に本社を置いていた。 度重なる製品の重大事故や不祥事で経営状況が悪化し、2011年(平成23年)株式交換によりパナソニックの完全子会社となり、事実上休眠会社状態である。

 

 

コメント(0)
2023/09/30 00:00 投稿者:RICMANIA

【1038】APOLLO 11 人類初めて月を歩く Side:A

題名:APOLLO 11 人類初めて月を歩く Side:A 

収録:発射第1回TV放送、ロケット噴射、下降開始、月面着陸、月面に立つ 

制作:VOA放送、朝日ソノラマ 

発行:三洋電機株式会社 

備考:非売品 

 

※アポロ11号(アポロ11ごう、英: Apollo 11)は、史上初めて人類による月面着陸に成功したアポロ宇宙船、およびそのミッションの名称である。アポロ11号は2人の人間を世界で最初に月に着陸させた宇宙飛行であった。ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦士の2名のアメリカ人が、1969年7月20日20時17分(UTC=協定世界時)にアポロ月着陸船「イーグル」号を月に着陸させた。 

 

※ボイス・オブ・アメリカ(英語: Voice of America, 略称:VOA)は、アメリカ合衆国政府が運営する国営放送。40を超える言語でニュースを提供している。日本語での呼称は「アメリカの声」である。 

 

※三洋電機株式会社(さんようでんき、英: SANYO Electric Co., Ltd.)は、パナソニックホールディングスの子会社である日本の電機メーカー。本社は大阪府大阪市中央区、登記上の本店は大阪府門真市門真のパナソニック本社敷地内に所在。パナソニック傘下に入る以前には、創業から68年にわたり大阪府守口市に本社を置いていた。 度重なる製品の重大事故や不祥事で経営状況が悪化し、2011年(平成23年)株式交換によりパナソニックの完全子会社となり、事実上休眠会社状態である。

 

コメント(0)
2023/09/29 00:00 投稿者:RICMANIA

【1037】ロードショー昭和48年5月号付録「ローマの休日」

題名:ロードショー昭和48年5月号付録「ローマの休日」 

副題:音で聞く名作のフィーリング、オードリーの声が生で聞ける! 

提供:パラマウント映画 

解説:小森和子 

制作・発行:集英社 

 

※小森 和子(こもり かずこ、1909年(明治42年)11月11日 - 2005年(平成17年)1月8日)は、映画評論家、タレント。 旧姓は安彦(あびこ)。愛称は「(小森の)おばちゃま」。実家は裕福で今風に言えば港区育ち。映画好きが昂じて1947年(昭和22年)に「映画の友」誌の編集部に入り、編集長淀川長治の勧めで映画評論活動を開始。片岡鶴太郎がものまねをしたことがきっかけでバラエティ番組の出演も増加し、玉ねぎ型の髪型とその喋りや人柄から人気を得た。奔放な性遍歴と率直な人柄の持ち主としても知られ、菊池寛や川口松太郎や檀一雄の愛人だったことを自ら述懐している。 

 

※「ロードショー」は、日本の映画雑誌。集英社発行で、1972年3月21日に創刊された。 創刊時、1970年代の映画雑誌は他に「キネマ旬報」「月刊近代映画」(現「Kindai」)などがあったが、「キネマ旬報」が邦画(日本映画)を中心に日本で公開される外国映画の紹介と評論を主に掲載したのとは違い、「ロードショー」は、先に刊行されていた近代映画社の「スクリーン」同様、外国人スター俳優のグラビアを中心にした誌面構成であった。インターネットの普及などで購読者数が減少し、2008年11月21日発売の2009年1月号を最後に廃刊となった。 

 

※「ローマの休日」(ローマのきゅうじつ、原題:Roman Holiday)は、1953年に公開されたアメリカ合衆国の映画。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン。ウィリアム・ワイラーが製作・監督。当時新人だったヘプバーンは、本作により1953年のアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。このほかイーディス・ヘッドが「最優秀衣裳デザイン賞」を、イアン・マクレラン・ハンターが「最優秀原案賞」をそれぞれ受賞している。

 

コメント(0)
2023/09/28 00:00 投稿者:RICMANIA

【1036】ヤマハプロップシート「リンダ・スコット」

題名:ヤマハプロップシート「リンダ・スコット」 

収録:1.かけごとはおよし 

   2.星のかがやき 

番号:YM-2-B 

発行:株式会社ヤマハミュージック 

定価:80円 

備考:プロップとはプロパガンダ(普及版)の略です。 

 

※リンダ・スコット(Linda Scott、1945年6月1日 - )は、アメリカの女性歌手。1950年代後半から1970年代前半にかけて、ポップシンガーとして活躍した。1970年にリンダは芸能界での引退を発表し軍隊で知り合った人と結婚し、一人の子供を出産するも後に離婚した。 

 

※株式会社ヤマハミュージックジャパン(Yamaha Music Japan Co.,Ltd.) は、ヤマハブランドの管・弦・打・鍵盤楽器の付属品や教育楽器、AV機器などの開発・仕入・卸販売及び世界的有名ブランド楽器類の輸入・卸販売。

 

 

コメント(0)
2023/09/27 00:00 投稿者:RICMANIA

【1035】ヤマハプロップシート「フランキー・アヴァロン」

題名:ヤマハプロップシート「フランキー・アヴァロン」 

収録:1.すてきな恋(A Perfect Love)

   2.さすらいの君(Where Are You) 

番号:YM-5-B 

発行:株式会社ヤマハミュージック 

定価:80円 

備考:プロップとはプロパガンダ(普及版)の略です。 

 

※フランキー・アヴァロン(Frankie Avalon、1940年9月18日 - )は、アメリカ合衆国の歌手、俳優。ペンシルベニア州出身。アメリカでは歌手、俳優の両方で知られているが、アメリカ以外の国では1959年「ヴィーナス」の大ヒットで歌手として知られている。 同曲はビルボード1位にまで昇りつめる大ヒットとなった。 

 

※株式会社ヤマハミュージックジャパン(Yamaha Music Japan Co.,Ltd.) は、ヤマハブランドの管・弦・打・鍵盤楽器の付属品や教育楽器、AV機器などの開発・仕入・卸販売及び世界的有名ブランド楽器類の輸入・卸販売。

 

コメント(0)
2023/09/26 00:00 投稿者:RICMANIA

【1034】コロムビア電気製品付録「バンザイ東京オリンピック/日の丸あげて」

題名:コロムビア電気製品付録 

収録:1.バンザイ東京オリンピック 

    (作詞:吉岡治、作曲:越部信義、歌:面高陽子)

   2.日の丸あげて 

    (作詞:西條八十、作曲:古賀政男、歌:藤原良、高石かつ枝、コロムビア・ローズ、青山和子、草野士郎、コロムビア合唱団) 

制作:日本コロムビア株式会社 

備考:非売品、販促品、オリンピック協賛 

 

※吉岡 治(よしおか おさむ、1934年2月19日 - 2010年5月17日)は、日本の作詞家、放送作家である。日本作詩家協会副会長。旧筆名は「吉岡オサム」。 1953年に詩人のサトウハチローの門を叩き、弟子となる。歌謡曲、童謡、アニメソングなど幅広いジャンルの作品を世に送り出した。 

 

※越部 信義(こしべ のぶよし、1933年8月21日 - 2014年11月21日)は、日本の作曲家。大学在学中の1956年に朝日放送主催の作曲コンクールで1位入賞し、審査員だった三木鶏郎に誘われ師事して修行。「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞、日本童謡賞、「上海バンスキング」で日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を受賞。テレビアニメ「パーマン」「マッハGoGoGo」の主題歌を作曲し、「サザエさん」「ドラえもん(日本テレビ版)」の音楽なども手掛けた。 

 

※面高陽子は日本のジャズシンガー。子供であった1960年代から活動し、長いキャリアを持つ。多様なジャンルに挑戦しており、アニメソング「カバトット」や映画音楽「サミーのマーチ」「えくぼの歌」CMソング「ダイハツ ベルリーナのうた」などを残している。 

 

※西條 八十(さいじょう やそ、新字体:西条、1892年〈明治25年〉1月15日 - 1970年〈昭和45年〉8月12日)は、日本の詩人、作詞家、仏文学者。 歌謡曲の作詞家としても活躍し、佐藤千夜子「東京行進曲」、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした「青い山脈」、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー「蘇州夜曲」、古賀政男の故郷風景ともいえる「誰か故郷を想わざる」「ゲイシャ・ワルツ」、村田英雄の男の演歌にして船村メロディーの傑作「王将」など無数のヒットを放った。 

 

※古賀 政男(こが まさお、1904年(明治37年)11月18日 - 1978年(昭和53年)7月25日)は、昭和期の代表的作曲家であり、ギタリスト。国民栄誉賞受賞者。栄典は従四位、勲三等瑞宝章、紫綬褒章。昭和期を代表する国民的作曲家としての地位を確立し、数多くの流行歌をヒットさせた。生涯で制作した楽曲は5,000曲ともいわれ、「古賀メロディー」として親しまれている。 

 

※高石 かつ枝(たかいし かつえ、1946年(昭和21年)7月18日‐)は昭和期の歌手。本名伊藤 宏子(旧姓山崎 宏子)。1960年代を代表する青春歌謡歌手の一人。1962年(昭和37年)、松竹「愛染かつら」の再映画化に際し、ヒロインの名前をとった歌手「高石かつ枝」募集に合格。同映画主題歌「旅の夜風」で日本コロムビアからデビュー。 

 

※二代目コロムビア・ローズ。本名は宗 紀子(むね のりこ、1942年4月29日- 2020年8月16日)。初代の引退後、二代目募集オーディションにより応募総数3500人の中から選ばれる。1962年、二代目コロムビア・ローズとして歌手デビュー。1975年に渡米し、ロサンゼルスで歌手活動を行い、日本での活動も請われれば行っていた。 

 

※青山 和子(あおやま かずこ、1946年5月4日 - )は、日本の演歌歌手。代表曲は「愛と死をみつめて」など。日本クラウン所属。所属事務所は青山和子ミュージックカンパニー。夫は敏いとうとハッピー&ブルーの元ボーカルの神戸たかし、東尾修は従弟にあたる。 

 

※藤原良、草野士郎は詳細な情報探せず。

 

コメント(0)
2023/09/25 00:00 投稿者:RICMANIA

【1023】オー・ソレミオ・ホンダ

題名:オー・ソレミオ・ホンダ 

作詞:酒井睦雄 

作曲:小林亜星 

歌 :クラウディア・ラロ 

発行:本田技研工業株式会社 

備考:非売品、販促品、1968年 

 

※クラウディア・ラロはブラジルのボサノバ歌手。1968年にブエノスアイレスで開かれた世界ラテン音楽祭にブラジル代表として出場しています。同年、21歳で来日した際に日本で何曲かレコーディングしており、その際に作られたもの。 

 

※小林 亜星(こばやし あせい、1932年〈昭和7年〉8月11日 - 2021年〈令和3年〉5月30日)は、日本のミュージシャン、作曲家、俳優、タレント。日本作詞作曲家協会(J-scat)理事、大日本肥満者連盟(大ピ連)初代会長を務めた。 CM曲や歌謡曲、アニメソング、テレビ番組のテーマ曲など、生涯に6,000曲以上を残した。 

 

※酒井睦雄は日本の作詞家。小林亜星と組んで多くのCM曲を作詞している。個人的詳細についてはデータが無く不明。 

 

※本田技研工業株式会社は、日本の東京都港区に本社を置く、世界的な輸送機器メーカーである。通称「Honda」、「ホンダ」。本田宗一郎が1946年に静岡県浜松市で本田技術研究所を起業し、後に本田技研工業へ改組した。二輪車(オートバイ)、四輪車(自動車)およびライフクリエーション事業(汎用製品:耕耘機・芝刈機・除雪機・発電機・船外機)を主要事業としている。オートバイの販売台数、売上高は世界首位。自動車の販売台数は世界7位(2015年度)、国内2位。小型ジェット機(ビジネスジェット)の出荷数世界首位。芝刈機のシェアも世界首位。発電機、除雪機、小型耕うん機のシェアは国内首位。

 

コメント(0)
2023/09/24 00:00 投稿者:RICMANIA

【1022】ズームイン!!朝!「天気予報の歌」

題名:ズームイン!!朝!「天気予報の歌」 

歌:徳光和夫 

作詞:浦澤義雄 

作曲:宮川泰 

制作:日本テレビ 

備考:非売品、販促品、45回転 

 

※徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月10日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、総合司会者。元日本テレビエグゼクティブアナウンサー。愛称は、徳さん。1979年3月から放送を開始した『ズームイン!!朝!』では総合司会を9年間担当。1989年9月に日テレを退社し、フリーとなる。 

 

※「ズームイン!!朝!」は、日本テレビ系列で1979年(昭和54年)3月5日から2001年(平成13年)9月28日まで毎週の月曜日から金曜日に生放送されていた朝の情報番組。 国内外からの中継を基に構成。最新のニュースと気象、スポーツ情報から、番組の目玉である日本列島各所の中継、特集を放送した。その一方、芸能情報は番組開始時から晩年まで歌手やタレントがゲスト出演しない限りほとんど扱うことがなかった。 

 

※宮川 泰(みやがわ ひろし、1931年3月18日 - 2006年3月21日)は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、タレントである。和製ポップスの開拓者の一人であり、1960年代のスター、ザ・ピーナッツの育ての親として数々のヒット曲を生み出し、他の歌手にも楽曲を提供するなど、日本ポップス界に大きな足跡を残した。 

 

※浦沢 義雄(うらさわ よしお、1951年1月26日- )は、日本の放送作家・脚本家。放送作家として「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」「カリキュラマシーン」など、数々の番組の構成に参加。以降も特撮やテレビドラマ、映画の脚本を多数執筆する。

 

 

コメント(0)
2023/09/23 00:00 投稿者:RICMANIA

【1021】ドージマ地下センターCMソング 大阪の街「堂島」歌:奥村チヨ

題名:ドージマ地下センターCMソング 大阪の街「堂島」

歌:奥村チヨ 

収録:1.大阪の街「堂島」(歌:奥村チヨ) 

   2.世界の国からこんにちは(作詞:島田陽子、作曲:中村八大、歌:坂本九) 

制作:東芝レコード 

番号:ER-1213 

備考:非売品、販促品、1966年11月15日発行 

 

※ドージマ地下センターは、大阪市北区堂島1丁目にある地下街である。1966年開業。2020年7月1日株式会社ドーチカは大阪地下街株式会社と合併し、大阪地下街株式会社が運営・保守管理をしている。 

 

※奥村 チヨ(おくむら チヨ、1947年2月18日 - )は、日本の元歌手。本名は金野 智代(こんの ちよ、旧姓・奥村)。夫は浜圭介。1965年に東芝レコードから「あなたがいなくても / 私を愛して」でデビュー。ジュン、小川知子と「東芝3人娘」と称し、「ごめんネ…ジロー」(1965年)、「北国の青い空」(1967年)などをヒットさせる。1969年 - 1970年に発表して51万枚を販売した「恋の奴隷」を初めに「恋狂い」と「恋泥棒」の「恋3部作」が広く高評を得て、人気歌手の地位を確立する。 

 

※坂本 九(さかもと きゅう、出生名:さかもと ひさし、本名:大島 九(おおしま ひさし)、1941年(昭和16年)12月10日 - 1985年(昭和60年)8月12日)は、日本の歌手・俳優・タレント・司会者。「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星を」、「明日があるさ」等数多くのヒット曲を出し、全世界におけるレコードの売上は1500万枚以上に達した。また、映画や舞台の俳優、テレビ番組の司会など多岐に渡り活動していた。 

 

※中村 八大(なかむら はちだい、1931年(昭和6年)1月20日 - 1992年(平成4年)6月10日)は、日本の作曲家、ジャズピアニスト。 「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」「明日があるさ」など、1950年代末から1960年代にかけての数々のヒット曲を作曲した。 

 

※島田 陽子(しまだ ようこ、1929年6月7日 - 2011年4月18日)は、日本の詩人。 小説を書いた後、1960年頃から童謡や児童詩の創作を始める。合唱曲や歌謡曲などの作詞も多数あり、ザ・ワイルドワンズのヒット曲「花のヤングタウン」、1970年の大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」の作詞も行っている。

 

コメント(0)
2023/09/22 00:00 投稿者:RICMANIA
RSS2.0