SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

ブログアーカイブ

SEAT RECORDS の魅力

SEAT RECORDS とは日本流に言うなら「ソノシート」です。型に樹脂を流し込んで作る通常のレコードと異なり、柔らかいビニール素材に音溝の付いた金型を押し付けて作るため、安価に制作できるうえ軽く曲がりにも強いことから、雑誌の付録やメッセージカード等に利用されました。なお、「ソノシート」は後に朝日ソノプレス社(後の朝日ソノラマ)の商標となったため、「フォノシート」や「シートレコード」と言い換えられる場合もあります。そのため、普及期には発売するメーカーによって商品名が異なっていたりしましたが、現在ではソノシートという呼び名が一般的になっています。

  
昭和30年代〜50年代まで「ソノシート」には夢が詰まっていました。RICMANIA.COMではソノシートを1種の「文化遺産」として捉え、ジャンルや用途を区切らずに収集しデジタル動画(音源)として残すことで、時代の生き証人として後世まで語り継ごうと考えています。もし、ソノシートの廃棄を検討されている方がいらっしゃいましたら、どんなジャンル・状態のものでも当方で引き取り、整理・再生・収録して可能なものは公開しますので是非お譲りください。

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

今日のソノシート

Qちゃん・ドラえもん・パーマンのなぞなぞレコード「ゆかいなどうぶつえん」

題名:幼稚園11月号ふろく Qちゃん・ドラえもん・パーマンの
   なぞなぞレコード ゆかいなどうぶつえん
著作:藤子不二雄、小学館、テレビ朝日
発行:小学館

 

※『幼稚園』(ようちえん)は、小学館が発行している幼児向け雑誌。創刊は1932年。背表紙には競合誌の『たのしい幼稚園』(講談社発行)と差別化を図る為に「小学館の幼稚園」と書かれている。

 

※ 『オバケのQ太郎』(オバケのQたろう)は、藤子不二雄(藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄)とスタジオ・ゼロによる日本のギャグ漫画作品。 1965年にアニメ化され、TBS系「不二家の時間」枠(日曜19時30分 - 20時)で放送された。初回から視聴率30%以上の人気を得て、アニメ主題歌の『オバケのQ太郎』はミリオンセラーを記録し、1966年第8回日本レコード大賞童謡賞を受賞。

 

※ドラえもんはこれまでアニメ版が3世代あり、1979年から2005年まで2世代目の大山のぶ代版が放送されており、このソノシートが制作されたのは1979~84頃だと思われる。

 

※『パーマン』は、藤子・F・不二雄による日本の漫画及びテレビアニメと作中で主人公達が変身するヒーローの名称である。1967年4月2日 - 1968年4月14日日曜19時30分 - 20時にTBS系列で放送、全54回(108話)。モノクロ作品。「不二家の時間」枠で放送された、不二家一社提供番組。

 

※アニメ放送時期を考えると1967年11月号のふろくと思われる。

 

コメント(0)
2019/10/14 00:20 投稿者:RICMANIA

怪物くんのうたまつり

題名:怪物くんのうたまつり
収録:A面
   おれは怪物くんだ(白石冬美、今西正男他)
   そろた怪物3人組(今西正男、大竹宏他)
   B面
   怪物くん音頭(石川進、白石冬美)
   怪物くんの子守唄(白石冬美、今西正男)
制作:日本ビクター株式会社
著作:藤子不二雄、少年画報社
番号:GF-6030

 

※日本ビクター株式会社(にほんビクター、英: Victor Company of Japan, Limited)は、映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。2008年(平成20年)10月1日に、日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが経営統合のため、共同で株式移転を行い、両社の持株会社・JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。ケンウッド及びビクターは9月25日に上場廃止。JVCとケンウッドは同社傘下の事業会社となった。

 

※『怪物くん』(かいぶつくん)は、藤子不二雄Ⓐによる日本の少年漫画。1965年1月 - 1969年4月迄、少年画報社の『少年画報』にて連載。そして1967年6月 - 1969年5月に『週刊少年キング』でも連載。さらに1980年 - 1982年迄の間リバイバル版が小学館の『月刊コロコロコミック』、『学習雑誌』、『てれびくん』等で連載。最初のアニメは1968年4月21日から1969年3月23日にかけて、15分2話構成で全48回96話をTBS系で放送。

 

※白石 冬美(しらいし ふゆみ、1936年(昭和11年)10月14日- 2019年(平成31年)3月26日)は、日本の女優、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ。「少女役より少年役の方が演じていて楽しい」と語っている。思い出に残る作品として、真っ先に『怪物くん』と『パタリロ!』の名を挙げている。その理由は「暴れられるから」。1980年に『怪物くん』がリメイクされたときは「自分にやらせてほしい」と作者の藤子不二雄(当時名義)に直訴の手紙を出したが、結局野沢雅子が怪物くん役に決定した。野沢は白石に役を奪ったことを詫びたという。

 

※今西 正男(いまにし まさお、1931年3月27日 - 2000年8月14日)は、日本の男性俳優、声優。怪物くん(TBS版)ではフランケンを担当。

 

※大竹 宏(おおたけ ひろし、1932年3月14日 - )は、日本の俳優、声優。神奈川県出身。怪物くん(TBS版)ではドラキュラを担当。

 

※石川 進(いしかわ すすむ、1933年7月13日 - 2012年10月29日)は、日本の男性歌手・声優・俳優。栃木県足利市出身。東京薬科大学薬学部卒業。その愛らしい個性的な風貌から「キューピー」と呼ばれ親しまれた。

 

※アニメ放送時期から1968(昭和43年)〜69年(昭和44年)頃に発行されたと思われる。

 

コメント(0)
2019/10/12 00:46 投稿者:RICMANIA

よいこ8月号ふろく「ピンポンパンえかきうた」

題名:よいこ8月号ふろく「ピンポンパンえかきうた」
収録:1.きんぎょ
   2.ぞう
   直子おねえさんといっしょにうたいましょう。
備考:音楽教材

 

※よいこはかつて小学館が発行していた幼児向け雑誌。創刊は1956年。1995年ごろに姉妹誌である「めばえ」と「(小学館の)幼稚園」に統合する形で休刊された。

 

※渡辺直子さんは、1966年フジテレビに入社。入社直後に「ママとあそぼう!ピンポンパン」に起用され、初代お姉さんに就任。明るく快活なキャラクターがお茶の間の人気を博し、人気NO.1アナとして不動の地位を築いた。1971年フジテレビを退社し、タレント・歌手に転向。子供を対象として活躍した。

 

※当時はまだ母親を「ママ」と呼ぶ家は少なかった(ブルジョワジーの象徴のような感じ)ので、番組名をあまり良く思っていない子供も多く「ママと遊ぼう!」を外して「ピンポンパン」とだけ呼称していたように思う。そのためか、ほんのすこしの間「みんなで遊ぼう!」に変わった時期があった。

 

コメント(0)
2019/10/11 00:47 投稿者:RICMANIA

よいこ12月号ふろく「オバQえかきうたれこうど」

題名:よよいこ12月号ふろく「オバQえかきうたれこうど」
収録:おばけのQ太郎 オバQえかきうた
   作詞:東京ムービー 作曲:山本直純
   歌:堀絢子、ザ・グリンピース
著作:藤子不二雄プロ
備考:33 1/3回転
制作:朝日ソノラマ
発行:小学館

 

※よいこはかつて小学館が発行していた幼児向け雑誌。創刊は1956年。1995年ごろに姉妹誌である「めばえ」と「(小学館の)幼稚園」に統合する形で休刊された。

 

※このオバQは堀絢子が歌っているので、新オバケのQ太郎である。1971年9月1日 - 1972年12月27日、日本テレビ系列(毎週水曜日19時30分 - 20時)に放送。全70回(135話)。カラー作品。現在まで一切再放送および本編のビデオソフト化は行われておらず視聴困難な作品となっている。

 

※山本 直純(やまもと なおずみ、1932年12月16日 - 2002年6月18日)は、東京都出身の、日本の作曲家、指揮者。 山本は人々の心に強く残る明快なメロディーを次々と生み出したが、いずれもシンプルでかつ基礎的技術の高さに裏打ちされている。代表的な作品として、映画『男はつらいよ』のテーマ曲や森永製菓「エールチョコレート」のCMソング『大きいことはいいことだ!!』、日本船舶振興会(当時)の『火の用心の歌』。

 

※アニメの放映時期を考えると1971年12月号)の付録と考えられる。

 

コメント(0)
2019/10/10 00:37 投稿者:RICMANIA

りぼんお正月増刊号ふろく「マキの口笛1」

題名:りぼんお正月増刊号ふろく「マキの口笛1」
原作:牧美也子
脚色:村上響子
製作:りぼん編集部

 

※『りぼん』 (RIBON) は、集英社が発行する日本の漫画雑誌。『なかよし』(講談社発行)、『ちゃお』(小学館発行)と並ぶ、三大小中学生向け少女漫画雑誌の一つ。1955年8月3日創刊、2015年8月に創刊60周年を迎えた。コミックスは『りぼんマスコットコミックス』のレーベル名で毎月15日頃に発売されている。

 

※「マキの口笛」は、1960(昭和35)年9年9月号から1963(昭和38)年4月号まで続いた牧美也子作のバレエ漫画。

 

※牧 美也子(まき みやこ、1935年7月29日 - )は、日本の漫画家。兵庫県神戸市出身。大阪府立高津高等学校卒業。女性。夫は同じく漫画家の松本零士。

 

コメント(0)
2019/10/09 01:45 投稿者:RICMANIA
RSS2.0