SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

ブログアーカイブ

アクセスカウンター

合計:65977
今日:53
昨日:253
今週:1643
先週:1510
今月:5032
先月:9194

SEAT RECORDS の魅力

SEAT RECORDS とは日本流に言うなら「ソノシート」です。型に樹脂を流し込んで作る通常のレコードと異なり、柔らかいビニール素材に音溝の付いた金型を押し付けて作るため、安価に制作できるうえ軽く曲がりにも強いことから、雑誌の付録やメッセージカード等に利用されました。なお、「ソノシート」は後に朝日ソノプレス社(後の朝日ソノラマ)の商標となったため、「フォノシート」や「シートレコード」と言い換えられる場合もあります。そのため、普及期には発売するメーカーによって商品名が異なっていたりしましたが、現在ではソノシートという呼び名が一般的になっています。

  
昭和30年代〜50年代まで「ソノシート」には夢が詰まっていました。RICMANIA.COMではソノシートを1種の「文化遺産」として捉え、ジャンルや用途を区切らずに収集しデジタル動画(音源)として残すことで、時代の生き証人として後世まで語り継ごうと考えています。もし、ソノシートの廃棄を検討されている方がいらっしゃいましたら、どんなジャンル・状態のものでも当方で引き取り、整理・再生・収録して可能なものは公開しますので是非お譲りください。

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

今日のソノシート

決戦!南海の大怪獣「新怪獣ガニメ・ゲゾラ・カメーバ登場!」

題名:決戦!南海の大怪獣「新怪獣ガニメ・ゲゾラ・カメーバ登場!」
制作:東宝
発行:朝日ソノラマ
 
※『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』は、1970年8月1日に夏休み東宝チャンピオンまつりの1本として公開された東宝製作の特撮映画作品。カラー、シネマスコープ。上映時間は84分。特技監督の円谷英二が死去してから公開された初めての東宝の特撮作品で、特撮パートは円谷の愛弟子だった有川貞昌がメガホンを取った。すべて新怪獣3頭という東宝怪獣映画史上唯一の趣向(それ以前には『ゴジラの息子』がゴジラ+新怪獣3頭)で挑んだ意欲作。佐原健二、高橋厚子、久保明などが出演。
 
※ソノシートのドラマは映画の抜粋ではなく、映画出演者とは別の声優で録音されたオリジナルとのこと。ソノシートのみブックレット紛失(サムネイルは参考キャプチャー)
 
コメント(0)
2020/09/20 00:00 投稿者:RICMANIA

サンダーバード「ニューヨークの恐怖」

題名:サンダーバード
表面:唄「サンダーバード」ロイヤルナイツ、ビクター少年合唱隊
   物語「ニューヨークの恐怖(1)」小沢重雄、宗近晴見、中田浩二他
裏面:物語「ニューヨークの恐怖(2)」小沢重雄、宗近晴見、中田浩二他
番号:FS-7864
制作・発行:日本ビクター株式会社
 
※『サンダーバード』 (Thunderbirds) は、1965年から1966年にイギリスで放送された人形劇による1時間枠の特撮テレビ番組。世界各地で発生した事故や災害で絶体絶命の危機に瀕した人々を、国際救助隊(International Rescue)と名乗る秘密組織がスーパーメカを駆使して救助する活躍を描く物語である。
 
※ジェフ・トレーシー=小沢重雄、スコット・トレーシー=中田浩二、バージル・トレーシー=宗近晴見、とTV版と同じ声優の声なので、TBS放送版の16話「ニューヨークの恐怖」(1966年6月19日放送)からの音声抜き出しと思われる。
 
※テーマ曲は1966年のNHK本放送版(日本での初放送)でもオリジナル版同様に、バリー・グレイによるメインテーマ(インストゥルメンタル)が使用された。1967年のTBSでの放送から、メインテーマに日本語の歌詞をつけた日本オリジナルのボーカル曲として、ロイヤル・ナイツとビクター少年合唱隊による「サンダーバードの歌」(日本ビクター)が使用された。
 
※上記により、このソノシートはTBSでの放送以後(1967年〜)に発行されたものと判る。
 
コメント(0)
2020/09/19 00:00 投稿者:RICMANIA

小学館の学習雑誌特製ソノシート「ジャングル大帝/W3」

題名:小学館の学習雑誌特製ソノシート「ジャングル大帝/W3」
収録:「ジャングル大帝」
    作詞:石郷岡豪 作曲:冨田勲 うた:平野忠彦
   「W3」
    作詞:北川幸比古 作曲:宇野誠一郎 うた:ヴォーカルショップ
制作:朝日ソノラマ
発行:小学館
備考:めばえ・よいこ・幼稚園・小学一年生・小学二年生・小学三年生
   小学四年生・小学五年生・小学六年生・週刊少年サンデー
 
※『ジャングル大帝』(ジャングルたいてい)は、手塚治虫の漫画およびそれを原作とした一連のアニメ作品。フジテレビ系列で1965年(昭和40年)10月6日 - 1966年(昭和41年)9月28日まで全52話を放送。スポンサーは三洋電機が「サンヨーカラーテレビ劇場」と銘打って一社提供を行い、自社製品であるカラーテレビ購買需要を喚起する番組として活用した。
 
※『W3』(ワンダースリー)は、虫プロダクション制作のテレビアニメ、およびそれと設定を同じくする手塚治虫のSF漫画作品である。 『ジャングル大帝』に続く虫プロ3番目のアニメ作品。マガジンでの連載を6回(1965年13号 - 18号)で打ち切り、設定を見直した上で掲載誌を『週刊少年サンデー』に変更して連載された(1965年5月30日号 - 1966年5月8日号)。このことは俗に「W3事件」と呼ばれている。 アニメ版は虫プロダクション製作で、1965年6月6日 - 1966年6月27日にフジテレビ系で全56回(全52話+リピート放送4回)で放送されたモノクロ作品。オープニングでは「W3」に「ワンダースリー」のルビが振られ、後の主題歌集などでは「ワンダースリー」となっている。提供はロッテ。
 
※盤面に週刊少年サンデーの記載があるので、W3の放送時期とサンデーへの原作掲載時期からみて1966年(昭和41年)の発行ではないか。
 
コメント(0)
2020/09/18 00:00 投稿者:RICMANIA

幼稚園10月号ふろく ハッチれこうど

題名:幼稚園10月号ふろく ハッチれこうど
収録:うたとおはなし 渡辺直子 栗葉子
著作:タツノコプロ
発行:小学館
 
※『幼稚園』(ようちえん)は、小学館が発行している幼児向け雑誌。創刊は1932年。背表紙には競合誌の『たのしい幼稚園』(講談社発行)と差別化を図る為に「小学館の幼稚園」と書かれている。主に幼稚園児に当たる3歳から小学校入学前の幼児をターゲットとし絵本、図鑑、玩具、子供達に人気が高いテレビアニメ、特撮、キャラクターの情報で構成される。
 
※『昆虫物語 みなしごハッチ』:1970年(昭和45年)4月7日から1971年(昭和46年)12月28日まで、毎週火曜日19時00分-19時30分の時間帯にフジテレビ系で放送。全91回。『昆虫物語 新みなしごハッチ』:1974年(昭和49年)4月5日から同年9月27日まで、毎週金曜日19時00分-19時30分の時間帯に毎日放送制作・NETテレビ系(当時の系列)で放送。「昆虫物語 みなしごハッチ」の続編。 ソノシートの盤面からだと発行がどちらの放送時期か釈然としない。
 
※渡辺 直子(わたなべ なおこ、1946年2月14日 - 本名・料治直子(りょうじ なおこ))は、日本の歌手、タレント。元フジテレビジョンアナウンサー。1966年4月、フジテレビに入社。入社直後に「ママとあそぼう!ピンポンパン」に起用され、初代お姉さんに就任。明るく快活なキャラクターがお茶の間の人気を博した。「ママとあそぼう!ピンポンパン」には、1966年10月3日から1971年10月2日までの5年間出演。
 
※栗 葉子(くり ようこ、1938年9月21日 - )は、日本の女優、声優。本名・旧芸名は村田 豊子(むらた とよこ)。声優としての代表作は『ど根性ガエル』の吉沢京子役、『みなしごハッチ』のハッチ役、『小さなバイキングビッケ』のビッケ役など。
 
コメント(0)
2020/09/17 00:00 投稿者:RICMANIA

1年のかがく 夏休み特別号 むしのなきごえ

題名:1年のかがく 夏休み特別号 むしのなきごえ
収録:インセクトマンのうた 作詞:井上ひさし 作曲:宇野誠一郎
制作:学研
備考:33 1/3回転

※科学・学習(かがく・がくしゅう)は、かつて学研教育出版(学研グループ)から刊行されていた小学生向け学習雑誌の総称。一般に「科学と学習」もしくは「学習と科学」と称される。雑誌の名称としては「科学と学習」というものは存在せず、実際の名称は『○年の科学』と『○年の学習』とし、それぞれ1年〜6年の各学年向けに発行されていた。また、教材付録がついており、学習・実験などが行える様になっていた。
 
※井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月16日 - 2010年4月9日[1])は、日本の小説家、劇作家、放送作家である。山元護久と共に『ひょっこりひょうたん島』を手がけ、1964年4月から5年間放映される国民的人気番組となる。1日40本はたばこを吸うという愛煙家で2009年10月に肺癌と診断され、治療中の2010年4月9日に75歳で死去した。
 
※宇野 誠一郎(うの せいいちろう、1927年2月27日 - 2011年4月26日)は、日本の作曲家、編曲家、作詞家。早稲田大学在学中の1948年から児童劇団などの劇伴音楽を手がけた。その後NHKなどで単発ラジオ番組の伴奏音楽を数多く手がけ、テレビ人形劇『チロリン村とくるみの木』『ひょっこりひょうたん島』『ネコジャラ市の11人』など、井上が脚本を手がけた作品で音楽を担当。2011年4月26日午前5時、心不全のため東京都内の病院で死去。享年84。
 
※こんな小さな付録なのに、超メジャーな作詞家と作曲家に曲をお願いしたのだとすると、学研が当時いかに売れていたかが判るというものだ。
 
コメント(0)
2020/09/16 00:00 投稿者:RICMANIA
RSS2.0