MY GUITARS

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2019/01/04 01:29 投稿者:RICMANIA
2018/12/16 12:38 投稿者:RICMANIA
2018/11/30 13:03 投稿者:RICMANIA
2018/11/13 00:37 投稿者:RICMANIA
2018/10/22 00:43 投稿者:RICMANIA
2018/10/04 00:01 投稿者:RICMANIA
2018/09/30 00:04 投稿者:RICMANIA
2018/07/26 00:37 投稿者:RICMANIA
2018/05/08 00:34 投稿者:RICMANIA
2018/04/10 01:22 投稿者:RICMANIA
2018/03/16 00:12 投稿者:RICMANIA
2018/03/11 00:19 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:25 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:05 投稿者:RICMANIA
2018/02/23 01:43 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:46 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:38 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:11 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 21:27 投稿者:RICMANIA
2018/02/10 00:01 投稿者:RICMANIA
2018/02/06 00:53 投稿者:RICMANIA
2018/02/02 01:15 投稿者:RICMANIA
2018/01/29 23:51 投稿者:RICMANIA
2018/01/29 23:41 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 23:34 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 23:21 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 01:29 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 01:19 投稿者:RICMANIA
2018/01/24 01:28 投稿者:RICMANIA
2018/01/23 01:48 投稿者:RICMANIA
2018/01/23 01:24 投稿者:RICMANIA
2018/01/23 00:32 投稿者:RICMANIA
2018/01/22 00:27 投稿者:RICMANIA
2018/01/20 17:32 投稿者:RICMANIA
2018/01/20 16:57 投稿者:RICMANIA
2018/01/09 03:00 投稿者:RICMANIA
2017/08/22 22:52 投稿者:RICMANIA
2017/08/03 22:57 投稿者:RICMANIA
2017/03/06 23:46 投稿者:RICMANIA
2017/01/03 00:12 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2019年01月(1)2018年12月(1)2018年11月(2)2018年10月(2)2018年09月(1)2018年07月(1)2018年06月(1)2018年05月(1)2018年04月(1)2018年03月(2)2018年02月(10)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

このページについて

管理人が所有又は所有していた楽器について、あくまで個人的な感想や思い出を述べていきます。沢山ご紹介しますが、それは40年近い楽器人生の中で入れ替わりがあったという事だけで全てをコレクションしているわけではありません。ギターやベースが好きな方々の参考になればと思います。売買目的やステマではありません。
 

  

簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

MY GUITARS

Aria Electric Acoustic Guitar AMB-35

ARIAの格安エレアコ。値段相応というかアコギとしての奥深い鳴りというものは皆無のギター。ラウンドホール装飾はシールである。アコギ弾き語りライブのために手に入れたが、あまりの音のチープさに閉口し、結局YAMAHAのFGにピックアップ増設をして対応することにした。すぐに手放してしまったが、購入時よりも若干高く売れたのでまあ良いか。

 

 

 

 

メーカースペック

ABSファイバーボディならではのブライト感のあるサウンドが
爽快な弾き心地を約束する、ラウンドバックの決定版。

Specifications
Top: Flamed Maple
Back: ABS Fiber
Neck: Mahogany
Fingerboard: Rosewood
Frets: 20F
Bridge: Rosewood
Hardware: Chrome
Pickups: PZP-3 Piezo Pickup
Controls: Volume、 Tone
Finish: N=Natural、 BLS=Blue Shade、 BKS=Black Shade、
BS=Brown Sunburst、 CS=Cherry Sunburst、
GRS=Green Shade、 GY=Gray Shade、 RS=Red Shade

コメント(0)
2019/01/04 01:29 投稿者:RICMANIA

コンポーネント・プレシジョン・ベース

これまでメインだったジャズベの音はバンドに合わないと言われ始めたため手に入れた'65のプレベだが、リペア完了が1月半ばということで、'76のプレベを出してみた。が、重量が5kgを軽く超えており、リハで4時間近くも担いでいると左肩がパンパンに凝って生活に支障が出るのが明白。
 
どうしてもプレベを使いたい、でも重いのはダメ、という事でネットを漁り、5千円で濃紺メタリック(限定カラーらしい)のSquierのプレベを手に入れ、以前から持っていたバッカスの良質な材が使われたネックに換装。軽い!安い!バランスも良い!で、早速練習に持ち込む。
 
思っていた通り音が「若い」。つまり、ピックアップの出力がとにかく高く、アンプの入力ゲインとボリュームを下げてもビンビン鳴る。ネックがジャズベと同じA規格の21フレット仕様で非常に弾きやすいのも特徴。

 

 

 


 


 

コメント(0)
2018/12/16 12:38 投稿者:RICMANIA

Fender Precision Bass '65

先日、ビビっと来るものがあって一桁万円でポチしたベースが、神田出張から帰って来たら届いていた。とりあえず、触るのを躊躇する程汚れていたので(だから他に入札する人が少なかったのかも)、ざっと仕事をしてから分解清掃を(作業前画像は撮り忘れ)敢行。

 

 

 

そして、恐ろしいことに気づく。画像を見た時から薄々思っていたのだが現物をみて確信。これ、プレCBS期の本物じゃね?そうだったとしたら、超ラッキーなんですけど!ヽ(´▽`)/

 

①ネックの指板が黒檀(エボニー)のように真っ黒なハカランダで薄いラウンド貼り

 

 

 
②ペグはギアの巻き数の少ないタイプ

 

 

③フロントピックアップのコイルが色の暗いタイプ

 

 

④ネックポケットに半分だけ塗装がのっている

 

 

⑤ボディバックのコンターが深い

 

 

⑥ネックジョイントプレートに刻まれた生産番号が1965年製を指している

 

 

惜しむらくは、何故かピックガードやブリッジを外さないまま塗装剥離してニス塗りしたボディ、オリジナルのコントロール部分をちょん切ってコントロール部分だけべっ甲柄で付け足したピックガード、交換されたブラスナット、よくわからないブリッジ、トーカイの部品がついたリアボリュームとトーン、そして順反ったネック。

 

 

 

 

ペグを外して、柔らかめのワイヤーブラシとウェスで磨いたところ、ベタベタのニスが落ちてかなり綺麗に。ペグを外したネックもあらためてオレンジオイルとウェットティッシューで掃除。ペグの下のギアが当たる部分の処理が丁寧で感動する。ネックスタンプを探すも、ほとんど消えてしまって読めず。併せて、アルミのシムが入っていたのを抜いて、トラスロッドを締めて順反り矯正してみた⇒1/4締まったがもうロッドは限界。微妙なのは、リアピックアップが増設されたのが、かなり昔と思われ、いまついているジャズベのリアピックアップ自体が貴重品の可能性があること。

 

 

 

コメント(0)
2018/11/30 13:03 投稿者:RICMANIA

Hillwood Basky II

つい、ジャンクのアナログベースシンセをポチしてしまった。アンプに繋いでみるも当然音出ず。スイッチ類も殆ど壊れてる。時間が取れないのでいつ治せるか分からないのに…我ながら病気としか言えない。なお、手前はムーグのタウラスミニを鳴らす為のMIDIペダル。


 

コメント(0)
2018/11/13 00:37 投稿者:RICMANIA

Ibanez Bass Work Shop Series SRH505

ダダンダンダダン、ダダンダンダダン←ターミネーターのBGMのつもり。

 

久々に新品を調達。アイバニーズのセミアコベース。フレッテッド五弦だが、出力はピエゾのみという完全なるアコベ。四弦が欲しかったのだが、店頭処分の破格値品の為(通常価格は25万円程する代物)、そこは良しとした。五弦だがアイバニーズ得意の超薄ネックで恐ろしく弾きやすい。

 

このベースのピエゾピックアップは各弦サドルに内蔵されている特殊なものらしく、アコベで最も悩む音量のバラツキが全く無い。その為、アコースティック楽器につきものの、補正用のプリアンプ(イコライザー)を搭載する必要が無いので、エレベ同様にボリュームとトーンだけでコントロールできる。

 

 

 

 
 

 

コメント(0)
2018/10/22 00:43 投稿者:RICMANIA
RSS2.0