MY GUITARS

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2019/01/04 01:29 投稿者:RICMANIA
2018/12/16 12:38 投稿者:RICMANIA
2018/11/30 13:03 投稿者:RICMANIA
2018/11/13 00:37 投稿者:RICMANIA
2018/10/22 00:43 投稿者:RICMANIA
2018/10/04 00:01 投稿者:RICMANIA
2018/09/30 00:04 投稿者:RICMANIA
2018/07/26 00:37 投稿者:RICMANIA
2018/05/08 00:34 投稿者:RICMANIA
2018/04/10 01:22 投稿者:RICMANIA
2018/03/16 00:12 投稿者:RICMANIA
2018/03/11 00:19 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:25 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:05 投稿者:RICMANIA
2018/02/23 01:43 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:46 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:38 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:11 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 21:27 投稿者:RICMANIA
2018/02/10 00:01 投稿者:RICMANIA
2018/02/06 00:53 投稿者:RICMANIA
2018/02/02 01:15 投稿者:RICMANIA
2018/01/29 23:51 投稿者:RICMANIA
2018/01/29 23:41 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 23:34 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 23:21 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 01:29 投稿者:RICMANIA
2018/01/28 01:19 投稿者:RICMANIA
2018/01/24 01:28 投稿者:RICMANIA
2018/01/23 01:48 投稿者:RICMANIA
2018/01/23 01:24 投稿者:RICMANIA
2018/01/23 00:32 投稿者:RICMANIA
2018/01/22 00:27 投稿者:RICMANIA
2018/01/20 17:32 投稿者:RICMANIA
2018/01/20 16:57 投稿者:RICMANIA
2018/01/09 03:00 投稿者:RICMANIA
2017/08/22 22:52 投稿者:RICMANIA
2017/08/03 22:57 投稿者:RICMANIA
2017/03/06 23:46 投稿者:RICMANIA
2017/01/03 00:12 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2019年01月(1)2018年12月(1)2018年11月(2)2018年10月(2)2018年09月(1)2018年07月(1)2018年06月(1)2018年05月(1)2018年04月(1)2018年03月(2)2018年02月(10)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

MY GUITARS

Fender Japan Jazz Bass '84 JV sirial

大学2年の時に後輩の女子から15,000円で中古購入したFENDER JAPANのJVシリアルのジャズベースを久々に弾いた。驚く事に'71年のオールドジャズベースよりも、ゼマイティスよりも、ずっと弾きやすく、出音も良い。

 

ボディはバスウッドでカラカラに乾いているのでカスタムショップのジャズベースよりも軽い。ネックはオリジナルが捻れてしまったので、Iシリアルの虎杢が出た状態が良いものに差し替えた。

 

ボディが軽すぎるので少しネック側に重心が寄っているのがたまにキズ。ピックアップは買った時にリアが断線していたので、御茶ノ水で手に入れたアレンビックに、その後カスタムショップ製に変更している。

 

いろいろ買っては売りしてきたけど、やはり原点はこれなんだと感じる、50歳の啓蟄。

 

このネックの指盤に使われているローズは非常に質が良い

 

ラッカー塗装でないため、ボロボロにはならない。けど、よく見ると木が乾いて木目が見えている。

 

JVシリアル期はネックジョイントプレートにシリアルが入っているのだが、Iシリアルはネックに入る時期なので、1つの個体に2つのシリアルが共存する事に(笑)。

 

買った時は中古とはいえほとんど弾かれていなかったのでピカピカだったが、30年以上弾き込んできたので、バックルで裏は削れている。下げ気味のポジションのため、塗装が禿げているところが丁度へそのあたりになる。