MY GUITARS

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2018/02/23 01:43 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:46 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:38 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:11 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 21:27 投稿者:RICMANIA
2018/02/10 00:01 投稿者:RICMANIA
2018/02/06 00:53 投稿者:RICMANIA
2018/02/02 01:15 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2018年02月(8)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

MY GUITARS

Epiphone Korina Frying V 1958

ギブソンのセカンドブランドであるエピフォンが、貴重なコリーナ材を使った1958年のオリジナルレプリカのフライングVを再生産するという噂を聞いて、出たら買ってやると思っていた1本。

 

実際に手に入れてみると、ネックはメイプルでスカーフジョイントがされており、ボディはコリーナの集積材のような感じで、とにかくボディがめちゃくちゃ軽いのにネックが重いので、バランスが悪いギターだった。弦のテンションもベロベロで、音も正直あまり良く無い。元々の形がまた弾きやすいとは言えない代物なので、結局手放してしまった。

 

ところが、このギターは手放すとすぐにまた欲しくなってしまうので、結局その後2回買い、全て上記と同じ理由で売っているので3回手に入れ3回手放した事になる。その後はキムタクが一時CMでチャーと共演した際に弾いていた事で値段が高騰してしまったので、手を出さなくなった。

 

最近、また再生産を始めたようで、気になってスペックを見たところ、なんと今度はネックまでしっかりとコリーナでつくられているらしい。ネックが軽くなった事でバランスは改善されるだろう。またピックアップも以前のモデルよりも良いものが搭載されているようだ。限定モデルとの事なので、ちょっと興味が湧いている。ヤバイ。

 

なお、画像は3本買ったうちのどれか判らない(覚えていない)。これ意外の画像も残っていない。

多分1本目はゴールドのピックアップカバーが付いていたように思う。というとこれは2本目か3本目?

やはり弾き心地と音の悪さに閉口していたからだろうか。


 


コメント