MY GUITARS

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2018/04/10 01:22 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:25 投稿者:RICMANIA
2018/02/27 23:05 投稿者:RICMANIA
2018/02/23 01:43 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:46 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:38 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 22:11 投稿者:RICMANIA
2018/02/17 21:27 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2018年04月(1)2018年02月(10)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

MY GUITARS

Westminster Rickenbacker4001 Type

グレコのセカンドブランド「ウェストミンター」の4001タイプ。中学のひとつ下の後輩からハードケース付きで卒業記念にプレゼントされた。正面から見るとメイプルグロー(ナチュラル)なのだが、裏面を見るとボディだけファイアグロー(チェリーサンバースト)になっている。

 

これは推測だが、70年代当時にポールマッカートニーがファイアグローの4001の色を剥がしてメイプルグローにしていたので、おそらく推測で「裏は剥がして無いんじゃね?」とポールモデルにするためにやったのでは無いか。ネックはデタッチャブルなのだが非常にレプリカ度が高く、この後に手に入れた本物の'73年や'74年の4001と並べても違和感の無いボディスタイルとパーツであった。

 

音も本家によく似ているのだが、リアピックアップは貧弱なボビンとコイルで本物のぶっといボビンとごついコイルと見かけだけでなく、出力も違った。またポジションマークも薄いセルロイドなので本家の厚い樹脂製の持つ微妙な透明度に比べ若干安い感じ。しかし、セカンドブランドであのクオリティのレプリカモデルを作っていたグレコは凄いと思う。

 

本物の4001を複数所持するようになって段々置き場所が無くなり、ジャパンビンテージを集めている方に譲ったが、今頃どうしているだろうか・・・。

  

本物の4001と3本並べて撮った画像があるはずなのだが見つからないので、とりあえず正面画像で。


 


コメント