SEAT RECORDS

コレクションしているシートレコード(通称ソノシート)の音源と調査内容をアップしていきます

アニメ

販促品

特撮

タレント

歌謡曲

校歌・園歌

社歌

童謡

童話

詩朗読

音声ドラマ

ドキュメント

教育

その他

ロック

フォーク

ジャズ

クラシック

ポップス

洋楽(その他)

今日のソノシート

<純生>コマーシャルソング集



題名:<純生>コマーシャルソング集
収録:
(1)VIVA・純生
作詩:伊藤アキラ
作曲:森田公一
歌 :植木浩史
(2)小さな思い出
作詩・作曲・歌:浜口庫之介
(3)純生は生きている
作詩・作曲・歌:浜口庫之介
制作:サントリー株式会社

※1971(昭和46年)にサントリーが発行した販促用ソノシート
TVコマーシャルで当時多用されていた曲を集めている。


※浜口 庫之助(はまぐち くらのすけ、1917年7月22日 - 1990年12月2日)は、日本のソングライター。1959年、「黄色いさくらんぼ」、「僕は泣いちっち」がヒットし、作詞家・作曲家として頭角を現すようになる。翌1960年に作詞した「有難や節」のヒット以降は社会情勢や大衆心理をとらえた作品作りを意識することで数々のヒット曲を生み出すようになった。1960年代には数々のヒット曲を出し、ヒットメーカーと呼ばれるようになる。


※森田 公一(もりた こういち、1940年2月25日 - )は、作曲家、歌手。1970年代の歌謡界のヒットメーカー。作曲家としては作詞家阿久悠、編曲家馬飼野俊一と組むことが多く、一時代を築いた。歌手としては「青春時代」「青雲」が現在でもCMなどで使用されている。


※伊藤 アキラ(いとう アキラ、本名:伊藤皓(いとう あきら)、1940年8月12日 - )は千葉県出身の作詞家。「オー・モーレツ!(丸善石油(現・コスモ石油))」をはじめ、歌謡曲やアニメソング、コミックソング、CMソングなどの作詞を幅広く手がけ、その作品数は1,000曲を超える。秋元康いわく「筋金入りの作詞家」。「作詞家 伊藤アキラ」を知らなくとも、聴けば判る曲という例が多い。




 


コメント