MY SOUND GEAR

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2020/10/18 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/17 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/11 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/10 10:02 投稿者:RICMANIA
2020/03/12 00:08 投稿者:RICMANIA
2020/03/11 00:45 投稿者:RICMANIA
2020/03/10 00:16 投稿者:RICMANIA
2020/03/08 00:24 投稿者:RICMANIA
2020/03/07 01:32 投稿者:RICMANIA
2020/03/02 21:02 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2020年10月(4)2020年03月(7)2020年02月(16)2019年09月(1)2019年07月(5)2019年01月(1)2018年12月(1)2018年11月(2)2018年10月(2)2018年09月(1)2018年07月(1)2018年06月(1)2018年05月(1)2018年04月(1)2018年03月(2)2018年02月(10)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

Rickenbacker

Fender

Epiphone

AriaProII

Burny/Fernandes

Firstman

Greco

Ibanez

Squire

Teisco

YAMAHA

Musicman

OTHER

AMP/Equipment

アクセスカウンター

合計:26497
今日:24
昨日:52
今週:76
先週:263
今月:1413
先月:2285

MY SOUND GEAR

WAL Pro-I Bass フレットレス

泣く子も黙るWALのフレットレスベース。前オーナーによると、ボディはハカランダだと言う。そのためか油が滲んできているようで、表面の塗装がザラザラになっていた。ワンピックアップでパッシブ仕様。ピックガードを外してみてもザグリが無いので、もともとワンピックアップだったようだ。

WALはパッシブのワンピックアップモデル(Pro-I)を出していたので、ヘッドにProと書いてあるのでそのモデルと思う(Pro-IEはアクティブなので、ヘッドを見ただけでは判らないが)。少なくともコントロールのザグリにはあの特徴的なプリアンプを収めた形跡が無い。またアクティブのWALならネックすぐ下に見えるであろう電池ボックスの細長い四角い蓋も無い。

Proシリーズは1979年の3月頃から作られており、その初期のヘッドは10枚の木がラミネートされているそうだ。という事はこれもその初期のモデルである。がボディはAsh材ということなので前オーナーの言うハカランダが本当だとすると特注モデルの可能性がある。この当時のWALは個人工房で手作りなので発注者で仕様が違うことも多かったらしい。なお、ネックはFenderと同じロングスケールで細く薄く弾きやすい。
 
ピックアップはメーカー不詳のダブルブレードのハンバッキング(たぶんギター用)に交換されているが、オリジナルピックアップをマウントしていたはずのエスカッションのネジ跡が無いので、当初からピックガード吊り下げ型のマウント方法だったようだ。それも謎である。ボリュームノブは70年代のストラト用のようだ。

ブリッジは80年代のFender製のブラスの重いヤツに交換されていた。意外にも出音はバランスが良くかなり使える音。とても気に入っていたが、事業資金の捻出のためにやむなく手放すことに・・。

 

 

 

 


コメント