MY SOUND GEAR

これまで所有していた楽器、今現在所有している楽器を紹介します

アーカイブ

新着記事
2020/10/25 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/24 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/18 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/17 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/11 01:00 投稿者:RICMANIA
2020/10/10 10:02 投稿者:RICMANIA
2020/03/12 00:08 投稿者:RICMANIA
2020/03/11 00:45 投稿者:RICMANIA
2020/03/10 00:16 投稿者:RICMANIA
2020/03/08 00:24 投稿者:RICMANIA
バックナンバー
2020年10月(6)2020年03月(7)2020年02月(16)2019年09月(1)2019年07月(5)2019年01月(1)2018年12月(1)2018年11月(2)2018年10月(2)2018年09月(1)2018年07月(1)2018年06月(1)2018年05月(1)2018年04月(1)2018年03月(2)2018年02月(10)2018年01月(14)2017年08月(2)2017年03月(1)2017年01月(1)

Rickenbacker

Fender

Epiphone

AriaProII

Burny/Fernandes

Firstman

Greco

Ibanez

Squire

Teisco

YAMAHA

Musicman

OTHER

AMP/Equipment

アクセスカウンター

合計:26870
今日:12
昨日:128
今週:181
先週:268
今月:1786
先月:2285

MY SOUND GEAR

DEAN John Entwistle Hybrid

DEANがThe WHOのリード・ベーシスト(笑)ジョン・エントウィッスルと共同開発したベース。70年代に彼が愛用していたサンダーバードのボディにプレシジョンベースのネックを合体させた通称Fender BirdとFender Explorerを参考にしたモデルである。
 

Fender Bird 1号

 

Fender Bird 2号

 

Fender Explorer


 

ボディ:アルダー
ネック:メイプル
指板:メイプル
ピックアップ: EMG HZ
コントロール:3bandEQ,2Vol

 

 

 

世界でもかなり早い時期からアクティブ回路のベースを駆使していた彼のモデルらしく、かなり強烈に効くイコライザーを内蔵している。音はアルダーボディにメイプルネックなので、PB寄りだがアクティブ回路によってかなりレンジは広い。ネックは幅広で薄い感じ。

 

 

 

 

こんなデザインだがボディバランスは良い(Gibsonにも見習って欲しい)。昔The WHOのコピーバンドをやっていたので、ついポチしてしまったが、今のバンドではアクティブのベースはおよそ出番が無いため、マグナムベースの資金をつくるために手放してしまった。

 


コメント